ご提案するのは「仕組み」ではなくわたしたちの「経験」です

ワークライフバランスと生産性の向上。
リモートワークと情報漏洩対策。
わたしたち自身が挑戦した
ICT活用による働き方改革―。
ぜひ、課題解決をご一緒させてください。

SKIP

日興通信の「ニューノーマル」に向けた
ICT活用事例集はこちらから

ダウンロード

日興通信の「ニューノーマル」に向けた
ICT活用事例集はこちらから

ダウンロード
  • 「働き方改革」への対応

    働き方改革への対応

    ワークライフバランス 
    ⇒ 生産性の向上

    社員の声
    会議のために出張している
    会議の準備に時間が掛かりすぎる
    外出から戻ってからの事務処理が多い
    遅くまで残っている日が多い
    上司がいつも外出していて承認がもらえない
  • +
  • 新型コロナウイルスへの対応

    新型コロナウイルスへの対応

    リモートワーク 
    ⇒ 仮想空間・情報セキュリティ

    社員の声
    在宅勤務だと仕事が捗らない
    お客様への訪問が困難になった
    遠隔研修だと資料を読むのと同じ
    “ワイガヤ”会議、アイデア出しがやりにくい
    事務所にいないので、内線電話を取れない。

私たちはひとつひとつの声に向き合い、
ICTを活用して解決していきました

  • 改革1

    「業務効率化による生産性向上」業務管理・
    効率化

  • 改革2

    「人と接触しないで業務継続」リモート
    ワーク

  • 改革3

    「安心·安全のためのインフラ」ネットワーク・
    セキュリティ

ワークライフバランスの改善から始まった日興通信の働き方改革。
仕事の無駄の排除に挑戦する。

  • 課題
    拠点が全国にあるので、会議のための出張や準備が大変。
    外出中にたまる仕事。帰社しないと事務処理ができない。
  • 挑戦
    遠隔リモート会議が当り前の文化を目指す。
    決裁業務などを、いつでもどこでも出来るように。
どんな挑戦をしたか

緊急事態宣言で、テレワークを経験。
生産性を下げない手法を模索する。

  • 課題
    「私の業務は出社しないと出来ない」という人が多い。
    Web会議システムだけでは伝わらない。限界を感じる。
  • 挑戦
    「Webで出来そうなこと」ではなく、「すべての業務」をリモートに。
    単にWeb化するだけでなく、出勤型と同じ生産性を目指す。
どんな挑戦をしたか

テレワーク用のモバイル端末が増え、
セキュリティ強化が求められた。

  • 課題
    モバイルの便利さが、社員のセキュリティ意識を低下させる。
    セキュリティ管理業務の負荷は、情シス部門の限界を超える。
  • 挑戦
    どこに居ても、会社と同じ安全な環境を提供する。
    セキュリティ強化と運用自動化を両立させる。
どんな挑戦をしたか

改革1
業務管理・効率化

時間を管理し、無駄を省く

  • 業務効率化に向けた社内の風土づくり

    行動スケジュール登録を5分刻みにしたら見えてきた無駄

    無駄を省ける環境をつくる

    移動時間が多い。

    ⇒ 社内会議はWebにして、支店間の移動時間を減らす。

    会議が多い、会議準備にも時間が掛かっている。

    ⇒ ペーパーレス会議システムで、資料準備の時間を減らす。

    外出中に業務がたまり、残業が増える。

    ⇒ 決裁ワークフローで、承認待ちを無くす。

    残業になる前の、通常勤務時間の効率を上げたい。

    ⇒ 残業事前申請のないパソコンは終業時に強制ロック。

  • 業務管理・効率化
  • ① 毎月70人の部門長会議をWebで開催。
    東京の技術者と拠点の営業担当者の打合せをWebで開催。
    出張を無くす。

    Web会議システム(Zoom・Teams)

    詳細を見る

  • Web会議システム(Zoom・Teams)
  • ② ペーパーレス会議システムで紙の会議資料をすべて廃止。
    印刷時間を削減し、会議準備の手間を大幅に削減。

    ペーパーレス会議システム

    詳細を見る

  • ペーパーレス会議システム
  • ③ 各種申請はワークフロー決裁。
    外出中もスマートフォンやタブレットで確認して、承認。
    帰社後の業務を無くす。

    グループウェア

    詳細を見る

  • グループウェア
  • ④ 終業時間を知らせるポップアップ。
    終業時間を超えるとパソコンをロック。
    無駄な残業を無くす。

    IT資産管理(パソコンロック)

    詳細を見る

  • IT資産管理(パソコンロック)

改革2
リモートワーク

ニューノーマルに向けて
リモートワークを強化する

  • ソーシャル・ディスタンシングを前提とした業務継続の実践

    ニューノーマルを率先して実行する意識づくり

    人と接触せずに業務を行える環境をつくる

    密を避けるために、すべての会議をWebに移行する。

    ⇒ ペーパーレス会議システムで情報漏洩も防止する。

    集合型の研修やイベントも、Webで効果的にやりたい。

    ⇒ ストリーミング・テロップシステムで臨場感のある研修に。

    プロジェクトや同僚との協働作業を仮想空間で実施する。

    ⇒ Teamsでのファイル共有やチャットで、意見交換や作業をもっと自由に。

    内線電話もスマートフォンで、自宅やサテライトで自由に着信したい。

    ⇒ スマートフォンとTeamsの連携で、あたかも会社の電話を社外に持ち出す。

  • リモートワーク
  • ① 在宅ではプリンターが使えない。重要資料は持ち出せない。
    秘匿性の高い会議に安心と安全を。

    ペーパーレス会議システム

    詳細を見る

  • ② 映像ミキシングとテロップシステムで、分かり易い研修を実現。

    遠隔授業システム

    詳細を見る

  • ③ 複数のメンバーで、資料を仮想空間で協働作成する。
    ファイル共有やチャットで自由にチームの連携を強化する。

    Teams(チームズ)

    詳細を見る

  • ④ まるで会社の自席の電話機を社外に持ち出すように、
    内線電話をスマートフォンで受ける。

    携帯内線

    詳細を見る

改革3
ネットワーク・セキュリティ

利便性と安全性を
両立させる

  • リモートワークの推進が情報漏洩・サイバー攻撃対策を複雑に

    セキュリティ意識の徹底がますます企業品質の維持に直結

    インシデントを起こさない環境をつくる

    社内へのリモート接続時の本人確認を厳格にしたい。

    ⇒ 二要素認証によるリモート接続で、不正アクセスを防止する。

    社内情報の持ち出しを厳格に取り締まりたい。

    ⇒ IT資産管理を徹底して、私用端末を持ち込ませない。

    端末が増えて、サイバー攻撃対策の強化が必須となった。

    ⇒ ウイルスを「入れない」+「広げない」対策で、企業品質を維持。

    セキュリティ強化にともない管理要員の業務が急増、自動化したい。

    ⇒ 24時間365日、ネットワークの障害復旧とセキュリティ対応を大幅に自動化。

  • ネットワーク・セキュリティ
  • ① リモートデスクトップへのアクセスは、本人確認のID・パスワードが盗まれても、二要素認証でチェックするので安全。

    二要素認証

    詳細を見る

  • 二要素認証
  • ② 社内ネットワークに接続するすべての機器・ソフトウェアを管理。
    未登録の機器はネットワークから遮断。

    IT資産管理(不正接続防止)

    詳細を見る

  • IT資産管理(不正接続防止)
  • ③ 入口·水際対策から、万一の感染時に拡大させない内部対策·出口対策まで、全ステップを万全に。

    ウイルス対策ソフト

    詳細を見る

  • ウイルス対策ソフト
  • ④ 危機管理ソフトからのアラームで、問題ある機器を社内ネットワークから自動的に遮断。
    情シス部門の休日対応や人的ミスを無くす。

    SDN(Software-Defined Networking)

    詳細を見る

  • SDN(Software-Defined Networking)

当社の事例をご紹介します

「働き方改革」
業務管理・効率化

「ニューノーマル対応」
リモートワーク

  • 「ニューノーマル」に向けたICT活用事例紹介セミナー資料
    「ニューノーマル」に向けた
    ICT活用事例紹介
    セミナー資料
    ダウンロード
  • 「ニューノーマル」に向けたICT活用事例紹介リーフレット
    「ニューノーマル」に向けたICT活用事例紹介
    リーフレット
    ダウンロード

「セキュアネットワーク」
SDN+サイバー攻撃対策