スマートフォンを固定電話として利活用したい

当社は創業時から電話通信を取り扱い、さまざまなお客様のニーズにお応えしてきました。また、社内では最新技術を実証実験し、使い勝手などを検証しています。
コロナ禍で在宅勤務が増える中、スマートフォンを事務所の固定電話にも代用し、どこでも会社の電話を着信できるソリューションが注目されています。当社での実証実験やこれまでに導入した経験をもとに、お客様に合ったソリューションをご紹介します。

当社ができること

当社では、音声コミュニケーションの営業・サポート部門がその時々の最新技術を使った電話システムを社内で実証実験しています。電話システムのFMC*連携、スマートフォンと社内電話システムをソフトで連動させる「どこでも内線サービス」、そして現在は、固定電話をスマートフォンに置き換える取り組みを進めています。
内線電話をインターネットで外出先に転送するという便利さや、経費削減の観点からも、ニューノーマル時代の電話インフラとして最適で、どこにいても同じモバイル端末を使える働き方にするための実証実験です。
当社の事例や豊富な導入実績により、様々な業界での利用方法や導入効果をお客様と共有し、お悩みごとを解決できるようご提案させていただきます。
*FMC:IP電話など固定電話回線を使用した通信と携帯電話を融合させたサービス

スマートフォン内線

『UNIVERGEどこでも内線サービス』は、NECが提供する『音声クラウドサービス』で、外出先、自宅からでもスマートフォンをオフィスのモバイル内線電話として利用できるサービスです。オフィス内外を問わず、業務に必要なコミュニケーションが可能になります。
使い慣れた内線番号や内線機能をスマートフォンで利用できるので、オフィスの固定電話機の代用をすることができます。また、一つの通信事業者が固定回線と携帯電話をセットで提供するFMCサービスとは異なり、固定回線事業者と携帯電話キャリアが混在していても導入することが可能です。

詳しくはこちら(メーカーサイトへ)

『Microsoft Teams』にビジネスコミュニケーションを集約

マイクロソフト社のコラボレーションツールである『Microsoft Teams』とソフトバンク社の『UniTalk』を組み合わせることで、お客様のオフィスに専用の設備や電話回線の敷設工事が不要になります。また、固定電話番号での発着信が可能になるほか、通話料金体系も見直すことで、シンプルかつ最適な電話環境を構築することができます。
この組み合わせにより、『Microsoft Teams』のアプリケーションが対応しているすべてのデバイスから、オフィスの電話番号で外線通話の利用が可能となります。また、『UniTalk』は番号ポータビリティに対応。現在ご契約中の電話番号を、そのまま『UniTalk』でご利用いただくことが可能です。

詳しくはこちら(メーカーサイトへ)