BCP対策(事業継続計画)

BCP(事業継続計画)は、天災や事故、システム障害など、予期せぬ出来事により業務が中断した場合に、どのように事業を継続するかを計画し、必要な対策を施すことです。
当社では、多くのBCP対策経験を活かし、お客様の業務特性にあわせたBCP対策をご提案します。

高度な業務システムへの対策

企業の生命線である重要な業務システムは、数分停止しただけで多大な損害が発生する可能性があります。
そのようなシステムが天災などで、継続不可能なトラブルに陥ったときのために、遠隔地の拠点やデータセンターなどに同様の業務システムのバックアップ環境を構築することで、業務継続を行うことができる対策です。

共有データの対策

ファイルサーバなどに保存されている重要なデータは、たとえバックアップが行われていたとしても、天災などでファイルサーバ自体が利用できなくなった場合は、データを利用することができなくなってしまいます。
そのようなことを防ぐために、ファイルサーバを遠隔地(他拠点やデータセンターなど)に設置し、災害時に切り替えて利用できるようにする対策が必要です。