ネットワーク監視

コンピュータのネットワークは、事業の根幹を支える重要なシステムのひとつです。平常時からネットワークの見える化を行うことや、事業規模の変化に合わせた見直しが重要になります。また、トラブル発生時、迅速に原因究明を行い早期解決するためにも監視によるネットワークの見える化は重要なポイントになります。

きめ細かい監視

情報の収集間隔によって性能状況の見え方が大きく異なります。
より高精度かつ詳細な性能分析を行うには、最低でも1分間隔での性能情報が必要です。

自動傾向把握(ベースライン)

過去の傾向を自動学習し、グラフでリアルタイムに確認。
性能情報の異常発生をアラート機能と連携し、通知することで管理が容易になります。

サービスレベル監視

監視機器のアプリケーションまたはポートに対してレスポンスを収集し、結果をランク別に色分けして表示できます。
レスポンス状況の変化を捉えることによって、ボトルネックの特定や、SLA*の判断材料としてご利用いただけます。

 * SLAとは、Service Level Agreement = サービスのレベルに関する合意書