農産物生産工程管理システム apras(アプラス)

農薬使用や施肥など農産物生産工程の記録や管理を簡単かつ高度に行うことのできるWebアプリです。
農業ICTソリューションのひとつとしてタブレットやスマートフォンなどを用いて、生産現場で営農日誌や圃場管理、育成記録などを行うことができます。出荷場および販売先で農薬が適正に使用されているか即座に診断を行うことができるシステムです。aprasは農研機構と共同研究の成果を活用した精度の高い生産工程管理システムです。

簡単にはじめられます

Webブラウザシステムのため、パソコンに特別な設定は不要です。インターネットに接続できれば、すぐにお使いいただけます。分かりやすさ、使いやすさにこだわった操作画面をご用意しましたので、パソコンに不慣れな方にも安心してお使いいただけます。

手書帳票の自動読み込みが可能

手書きの帳票も、スキャンするだけで自動で読み込み、パソコンデータへ変換し登録する事が可能です。もちろん、読み込んだ内容と手書きの帳票は比較しやすくなっているため、チェックすることも容易です。

精度の高い農薬診断機能

農薬のデータは日本植物防疫協会が運営する「JPP-NET」を利用しており、最新で、かつ精度の高い農薬適正使用診断が行えます。もちろん、農産物への散布前の農薬を登録し、診断のシミュレーションを行うことも可能です。

ラベル発行連動(オプション)

直売所担当者様では判断が難しい農薬・肥料の適正使用を、農薬診断機能を備えたaprasが自動判定! パスしたものだけラベル発行ができ、問題がある農産物はラベル発行ができません。安心・安全な商品だけの出荷を可能とします。

『apras』のさらに詳しい製品説明はこちら