ネットワーク障害時の迅速な対応を実現したい

企業ネットワークが止まると、企業活動も停止してしまうため、ネットワークの集中管理と障害の早期復旧が求められます。
それを実現するためには、ネットワーク全体を管理してリモートで復旧する仕組みと、柔軟にネットワークを変更できる仕組みを導入する必要があります。当社では、SDN技術を使って社内やお客様のネットワークを構築しています。実績をもとにご紹介します。

当社ができること

当社はこれまで、長年に亘り社内ネットワークの増設を繰り返してきており、全社ネットワークを統合的に運用管理する仕組みがありませんでしたが、トラフィックの急増と「働き方改革」に伴うモバイル端末の増加により、ネットワークの見直しが必要になりました。そこで、安定稼働と運用管理工数の軽減、セキュリティ強化を重要要件として全社ネットワークを再構築しました。そして、複数メーカーのSDNを導入してその特性を理解し、お客様のご要望に応じた提案と導入を行っています。
ネットワークの見直しが頻繁に行われるなかで、ネットワークの設計から構築までの迅速性や容易性を重視される学校関係のお客様、構築したネットワークの運用・障害対応やセキュリティ管理を重視したいお客様など、様々な事例をもとにご相談に応じています。

SDNによるネットワークのリモート運用・監視基盤

アライドテレシス社の『Net.AMF』は、ITインフラの運用管理の簡素化に加え、リモート監視と予兆検知による障害・トラブルの未然防止や早期復旧など、お客様のITインフラの安定運用をトータルに支援するサービスです。
『Net.Monitor』を組み合わせることで、ネットワーク上に存在するIT資産(ネットワーク機器・サーバ)を監視し、ネットワークの障害発生時には障害内容の把握から障害対応まで行います。

詳しくはこちら(メーカーサイトへ)

NEC社のSDNによるネットワーク設計・変更のシステム化

NEC社のSDNはOpenFlowという技術を使っており、ネットワーク変更の迅速性・容易性、耐障害性の高さ、さらにはネットワーク構成の最適化、ネットワーク管理の属人化解消、初期コスト・運用コストの最適化、セキュリティやIoTとの連携など、それぞれの課題を解決へと導きます。
頻繁にネットワークを変更するお客様に最適なソリューションです。