多くの時間と労力がかかる議事録作成をもっとスピーディーに

議事録作成に関して、各JA様からは次のようなご要望をよくいただいています。
①録音音声を聞きながらの書き起こしから校正までの作業負荷を軽減したい。
②発言内容を正確に残したい。
当社では各地の自治体や市町村、JA、民間企業のお客様に、音声認識による議事録作成支援システムを導入しています。また本システムだけでなく、会議室の音響設備も含めてご相談に応じます。

当社ができること

議事録作成支援システムは、次のような解決策をご提供します。
①リアルタイムに近い、スピーディーな議事録作成が可能になります。
②会議終了後から議事録開示までの期間を大幅に短縮できるため、作成担当者の心理的・時間的負担を軽減し、本来注力すべき業務に時間を割くことができます。
③クラウド型・スタンドアローン型、リアルタイム認識・バッチ認識等、ご要望に合わせたシステム構成をご提案します。
④音声認識エンジンをお客様専用にカスタマイズでき、高精度な認識処理を実現します。
⑤システムデモとして、お客様からお借りした音声データから、議事録サンプルを作成いたします。
⑥会議体に応じたマイク等の音響設備のご相談にも応じます。

議事録作成システム『AmiVoice』

①発言内容をほぼリアルタイムでテキスト化します。主要な音声ファイル(WAV、WMA、WMV、MP3、M4A、MP4)に対応し、録音済みの音声ファイルをテキスト化することも可能です。また、声紋情報を用いて、発言者の名前も自動で表示でき、誰が発言したか発言者名を記録に残すことができます。
②音声認識中のデータを複数人が同時に編集できるため、より一層作業の短縮、効率化を図ることができます。  

詳しくはこちら(メーカーサイトへ)