サーバ仮想化(統合化)

近年、サーバ機器の性能が飛躍的に向上する一方、機器の設置台数や消費電力の増加など、サーバ機器の運用管理の負担が増加しています。
1台のサーバで1システムを稼動している環境から、仮想サーバを導入することにより、1台のサーバで複数のシステムを稼動することができるため、設置台数の削減、そして消費電力やシステム運用管理のコスト削減にもつながります。

選択可能なハイパーバイザー

サーバ仮想化に必要なハイパーバイザー。
vSphereやHyper-Vなど、有資格者がサーバ仮想化へのお手伝いをします。

容易な管理

専用の管理ツールから一元管理を行うため、少しの作業で新たなサーバ環境を準備することが可能です。
また、業務アプリケーションの利用状況に応じ、CPUやメモリなども簡単に増設することができ、業務に応じたサーバ環境をご利用いただけます。

延命対策に

物理ハードウェアの老朽化や保守切れにより、リスクが高まったサーバをP2V*することで、サーバ資産の延命を行うことが可能です。

*P2Vとは、Physical to Virtual。物理サーバのシステムを仮想サーバへ移行すること。