遠隔授業・遠隔研修 ソリューション

学校の授業や社内研修がWebに切り替わりました。当社でもコロナ禍によって必要に迫られて実施した側面もありますが、一方で「移動時間を取られない」「繰り返し視聴できる」という受講者側の利便性や、「受講(会場の)人数に制限がない」「繰り返し開催できる」など開催者側の利便性が明確になりました。
しかし、Web会議システムを単に利用しただけの緊急対応のWeb研修や授業では「つまらない研修・授業になる」「分かりにくい」「もっとテレビや塾の映像配信のようにならないのか」などの不満が開催側から出てきました。そこで、当社ではテレビ局に多くの導入実績を持つ映像ソリューションを組み合わせて、社内研修を改善してまいりました。その内容をご紹介します。

3つの機能で臨場感のある授業・セミナーを実現

テレビ局へのCG・テロップシステム導入実績に基づくノウハウを凝縮。3つの映像ソリューションをパックにして、プロのようなライブ配信を簡単操作で実現します。
 機能① 資料と講師を自由な配置でミキシング。「資料のみ」「講師のみ」もワンタッチで切り替え可能。
 機能② 配信映像にテレビ局品質のテロップを挿入。
 機能③ 遅延のない構内配信と乱れのないインターネットの同時配信

機能① 資料と講師のミキシング

「ここは大事」ここからポイントと言うときは講師が画面に大きく映し出されて、臨場感を出したいものです。逆に詳細説明で資料をじっくり見てほしいときは講師は退き、資料を全面に映し出します。講演にメリハリをつけることは受講者を飽きさせないための重要なポイントになります。
このソリューションはワンタッチで映像を切り替えられます。セッティングも非常に簡単です。

機能② テロップの挿入

当社は地上波・BS・ケーブルテレビ局に数多くテロップシステムの導入実績を持っています。このノウハウを凝縮して企業や学校の方々に簡単にご利用頂くために商品化したのが「TELOP BOX」です。
手順①:研修・授業のタイトル・講師の経歴・章タイトル・重要項目などのテロップをカッコよく作成。
手順②:作成したテロップを事前に、映し出す(送出)順番にシステムに登録。
手順③:本番ではタイミングをはかって、クリックをするだけで研修・授業の画面に表示。講演内容を分かり易くするサポートをします。

機能③ 構内LANとインターネット同時配信

研修・授業をオンラインで配信する時に課題になるのが、映像の品質 と 遅延です。Web会議システムで遠隔研修や遠隔授業を行う場合の課題は、インターネット回線の状況によっては映像が途切れることです。
YouTubeやStreamなどストリーミングソフトは、映像が止まることの無いよう、データをためて映像を整えて配信しています。したがって、きれいな映像配信が出来ます。
しかし、この形式は一度データを蓄積するので遅延を発生させます。同じ建物で複数会場で研修を行う場合、終了時間が大きく変わることになります。また、音声が聞こえる場合は、遅延が講義を聞き取りにくくします。
当社のソリューションは、LAN回線ではデータをそのまま配信し遅延を無くしています。インターネット・LAN配信を同時に配信できるのが特徴です。