タブレット連携 介護記録システム

介護記録システムは、タブレット端末を活用してベッドサイドなどで介護記録を作成・閲覧したり、その情報を共有して独自の管理帳票を作成できたりするなど 業務効率化を図ります。
介護現場の事務作業を効率化し、介護サービスに専念できる環境づくりをお手伝いします。

適切な記録と運用管理を支援

介護記録システムを導入することで、介護記録の記載漏れを防止したり、確認したい情報を一目で把握したりするなど、作成から確認が 紙より素早く正確に行えます。介護保険、障害者総合支援法にも対応しています。

記載の標準化と個別記録を支援

ケア実施項目ごとに用意された語録集を活用することで、記載内容の標準化が図れます。また、個別ケアの内容をあらかじめ登録しておくことができるため、個別ケアの実施と記録作成もしっかりサポートします。

タブレット活用や各種情報の共有

タブレット端末を活用して、ベッドサイド等で記録内容を閲覧したり、その場で新たな記録を入力したりすることが可能です。タブレットなら操作がシンプルで誰でも簡単に扱いやすく、メモを取りそれを転記する手間を削減します。
また、その介護記録情報を共有して独自の管理帳票を作成したり、各種書類間で情報を連動させたりすることで 業務の効率化を実現します。

音声入力支援システムとの連動でより便利に、効率的に

キーボードを打つ代わりに話した言葉を文字にする「音声入力支援システム」との連動で、手入力のストレスを削減します。介護福祉専門用語を優先して変換し、声を読み取る学習機能を搭載して精度を上げていくので、介護記録や日報などの書類作成時間を大幅に短縮します。