日興通信株式会社は、ICTソリューションの提供を通して、お客様のベストパートナーを目指します。

インターンシップ

コース営業系コース
体験部署営業推進部・商品開発部
体験者帝京大学 3年 Yさん
体験したこと・社内打合せに参加
・メーカーへの営業同行、ショールーム見学
・放送局見学
感想
私が日興通信のインターンシップに参加した理由はIT業界に関心を持っており、少しでもその業界を理解したいと思ったからです。
 関心はあるもののITの知識があまりなく、研修ではわからないことが沢山ありました。しかしメーカー各社のショールーム見学などを通して、製品やサービスをお客様に提供するまでの流れを知り、視野が広がり製品に対しての理解が深まったことを実感しました。社内の打合せ参加や放送局の見学は学生にはまず機会がないことだと思うのでとても貴重な体験となりました。そして社員の方々に親切にしていただき、楽しくインターンシップに取り組むことができました。
 インターンシップは業務を体験できることが大きな利点だと考えられますが、実際に働いている社会人の方々にお会いできることも大切だと思います。今回は研修先以外の企業の社員の方々にお話を聞く機会もあり、就職活動のモチベーションにもつながりました。だから、少しでも興味や関心がある業界には是非インターンシップに参加してみるべきだと思います。
  • 研修初日はオリエンテーション。日興通信のこと、ICT業界について説明を聞けるので、知識に自信がなくても大丈夫です
  • メーカーショールームで、プリンタについてレクチャーしていただきました(協力:エプソン販売株式会社)
コース営業系コース
体験部署営業推進部・商品開発部
体験者帝京大学 3年 Kさん
体験したこと・社内打合せに参加
・メーカーへの営業同行、ショールーム見学
・放送局見学
感想
私はパソコンやテロップに興味があったので、それらを取り扱う日興通信でのインターンシップを希望し、応募しました。
 日興通信の数多くある取引先メーカー数社に同行したのですが、事前に調べて行ったこともあり、IT製品について理解が深まり興味深かったです。たとえば、巨大なサーバーや印刷機など普段見ることのできないものを見たり説明を聞くことができ、とても貴重な体験になりました。
 また、仕事に対しての意識のあり方について学ぶことができました。学校とは違い、ただ与えられたことだけをこなすのではなく自分から積極的に関心を持ち様々なことにチャレンジしなければ前に進むことができず、しっかりと目標を定め達成できるように行動することを学びました。
  • メーカーショールームで高画質プリントのサンプルを見せていただきました(協力:株式会社日本HP)
  • 情報社会を支えるクラウドデータ管理の現場を見学(協力:株式会社日本HP)